title

ルミガンのジェネリックを解説

ルミガンのジェネリックについて

世界初のまつげ専用の育毛剤として販売されてから、現在でも人気の高いルミガンですが、様々な種類のジェネリック医薬品も販売され、そのジェネリックもとても人気になっています。ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に同じ成分を使い開発される医薬品で、開発費や価格などが比較的安く抑えられるれている製品です。新薬と比べて販売価格が安く、お財布に優しい事が一番の魅力です。

ここでは、ジェネリック医薬品とは何か、ルミガンの各ジェネリック医薬品の特徴、価格、製造会社などについて詳しく解説していきたいと思います。

ジェネリックとは

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に製造、販売されるお薬です新薬と同じ成分を使っているので同じ効き目や効果を期待できます。ジェネリック医薬品は、「後発医薬品」とも呼ばれています。

新薬とジェネリック医薬品の違いは、形状や味、色、添加物などです。新薬では大きかったり苦くて飲みにくかった点を、飲みやすいようにしてり、安全性を高めたりと改善されています。

同じ効き目や、安全性を確認するために沢山の試験や実験を繰り返し、厳しい試験をクリアしたもののみが厚生労働省の認可を受け、ジェネリック医薬品として販売されています。

ジェネリック医薬品がどうして安く販売できるのかと言うと、新薬の研究や開発には10~15年ほどの期間と、数十百億円という膨大な費用がかかりますが、ジェネリック医薬品は、新薬の成分を使うので、開発期間が約3年という短い期間で開発が可能なので、その分、販売価格を抑える事が可能です。

ルミガンのジェネリックの種類

まつ毛が伸びると人気のルミガンですが、ジェネリック医薬品も販売されてます。ジェネリック医薬品だと、ルミガンよりもかなりお安い値段で購入する事ができるので、ジェネリックのルミガンも人気を集めています。同じビマトプラストという有効成分を使っているので、ルミガンと同等の効果を期待できるので、一度ルミガンを使った事ある方でもジェネリック医薬品に切り替える方も多くなっています。

ここでは、ルミガンの代表的なジェネリック医薬品である、「ケアプロスト」「ビマトアイドロップ」「グラッシュビスタ」を紹介します。

ケアプロスト

サンファーマ社が製造、販売を行っている医薬品です。ルミガンのジェネリック医薬品なので、安く購入する事ができます。

有効成分はルミガンと同じ「ビマトプロスト」を使用しており、まつげを長くする効果が期待できます。

ビマトプロストは、まつげの毛周期を長く保つ事ができるので、太く、濃く、長さのあるまつげに成長させることができます。毛周期とは、毛の生えかわりのサイクルの事で、成長期から退行期、休止期と移行していき、最後には抜け落ちるというサイクルを繰り返して行きます。ビマトプロストはこのサイクルの成長期を伸ばすことで、長く、太さのあるまつげに成長させる事が可能になります。また、メラトニンを活性化させるので、濃いまつげを生やす事ができます。

日本国内では未認可なので販売されていませんが、個人輸入の通販サイトでは、1本3mlあたり、約1100円前後~約2500前後で購入可能です。

ビマトアイドロップ

インドのアジャンタファーマ社が開発、販売するルミガンのジェネリック医薬品です。ルミガンと同じ成分であるビマトプロストを配合しており、まつげを長く、太く、濃く成長させる効果を期待できます。もともとは緑内障の治療の為に開発されたものですが、副作用で、まつげの育毛効果が発見された事から、育毛剤としても研究がすすめられました。

まつげの根本に塗ることで、まつげの毛周期を延長させる事ができるので、成長期が延びることで長さや太さがアップ、メラトニンを活性化させる働きもあるので、色の濃いまつげにする事ができます。通常なら3ヶ月で生えかわるところを、2倍の6ヶ月にも引き延ばす事が可能です。

個人差がありますが、約2ヶ月ほど継続して使用する事で効果を実感する事ができます。マスカラやまつげエクステ等で傷んでしまった方や、市販のまつげ美容液などでは満足できなった方におすすめです。

グラッシュビスタ

グラッシュビスタは、アメリカでは2009年からまつげ貧毛症の治療薬として使用されており、2013年には世界23ヵ国で認可され、多くの愛用者がいる人気のまつけ育毛剤です。日本国内では、2014年に厚生労働省より認可がおり、同年の9月から販売が開始された比較的新しいもので、国内で初、唯一のまつげ育毛剤です。

これまでは、「ラティース」という製品名で販売されていましたが、厚生労働省から認可を受けた際にグラッシュビスタと名称を変え、新たに生まれ変わった商品です。したがって、厳密にはジェネリック医薬品ではありませんが、日本でまつげ育毛剤といえば、グラッシュビスタかルミガンか、と言われるほど知名度のある商品です。

シワの治療薬といて人気と知名度のあるボトックスを開発したアラガン・ジャパン社によって開発されました。

ジェネリック医薬品ではないので、1本あたり約12,000円ほどと高額ですが、人気のある商品です。

まとめ

まつげの育毛剤として世界的にも高い人気と知名度を誇るルミガンには、いくつかのジェネリック医薬品も開発、販売がされています。

ジェネリック医薬品は、新薬と同じ成分、配合量で、新薬よりもかなり価格を抑えて販売されている事もあり、こちらも人気となっています。ジェネリック医薬品とは、新薬では飲みにくかった薬品の大きさや味、形状を変更し、飲みやすいように改善され、開発費用を抑えられているので、安く購入できるお薬のことです。同じ成分を使っているので、新薬と同等の効果を期待できます。

ルミガンのジェネリックでは、ケアプロスト、ビマトアイドロップが人気の商品となっていますが、どちらも未認可なので手に入れる為には個人輸入のでの購入が必要になります。

日本で唯一、認可のされている商品は、グラッシュビスタです。こちらはラティースから名前を変えて販売されている商品で、厳密にはジェネリックではありませんが、人気と知名度は抜群で、値段は高いですが、唯一承認されているとう点からも安心して使用する事ができますね。