ルミガンの使い方・守るべき大切なポイントとは?

メイクアップ 全て

まつ毛が伸びる!増える!濃くなる!と人気を集めているルミガンの正しい使い方はご存知ですか?
塗るだけでまつ毛が伸びるルミガンですが、ただ単に塗ればいいというものではありません。

誤った使い方をしていると効果を実感できないだけでなく、目の周辺の色素沈着、まぶたがくぼむ、うぶ毛が生える等の副作用のリスクが高まってしまいます。

ここでは、正しいルミガンの使い方、使用する際の注意点などを詳しく解説しています。

ルミガン

ルミガン最安値はこちら/1,900円~

ルミガンの正しい使用方法・4つの手順

1日1回の使用で効果があります。おすすめは夜、寝る前に塗布することです。

①メイクを落とし、清潔な状態にしてから塗布する

まず、メイクを落とし、洗顔をして清潔な状態にしましょう。


その後は通常通り化粧水や乳液などのスキンケアまで行ってください。

ルミガンを塗った後に洗顔やスキンケアをしてしまうと、水分でルミガンが目の周辺に流れてしまう場合があります。

コンタクトをしている場合は、塗布前に外してください

②ルミガンを準備します

専用のアプリケーターを使うと便利です。
ルミガン専用アプリケーター
アプリケーターを水平に待って、先端に薬液を1滴たらします。

この時、ルミガンの容器の先端はアプリケーターに直接触れないように注意しましょう。
また、アプリケーターは使い捨てですので、副作用、眼病防止の為にも1回使ったら捨てて下さい。

③アプリケーターで、まつ毛の根元に塗っていきます

アプリケーターの準備ができたらすぐに塗っていきます。
アイラインを引く感覚で目頭から目じりに向かって軽く湿る程度で十分です。

ルミガンの使い方
まつ毛に直接塗っても意味がないので必ず根元に塗りましょう

下まぶたには使用しないでください。

④余分な液をふき取る

根元以外の皮膚についてしまった場合は、コットンやティッシュで必ずふき取るようにして下さい。
副作用で黒ずんだり、産毛が生えてしまう場合があります。

 

以上の手順を守ってルミガンを使用することで、より効果的に♪

そして、色素沈着余分な産毛の発生などを抑えることもできます

ルミガンを使用する際の注意点

コンタクトは必ず外す

ルミガンを塗布する前に必ず外して下さい。

コンタクト

コンタクトをつけたまま、ルミガンを塗布してしまうとルミガンに配合されている防腐剤のベンザルコニウムの影響により、レンズが変色してしまう場合があります。

1日1回で良いのでコンタクトを外して寝る前に塗るのがオススメですが、再度コンタクトを付ける場合は15以上経ってからつけてください。

効果が出るまで

個人差があり、早い人で10日ほど、遅い人だと数ヵ月と幅がありますが、だいたい16週間で効果を実感する事ができると言われています。

ルミガンの販売元の調査結果によると、16週間で約80%以上の方に目に見える変化が現れたとの報告もあります。
継続して使う事で効果を実感できますが、使用をやめると元のまつ毛に戻ります。

虹彩の色調変化に注意

稀な副作用ですが、瞳の虹彩の色が変化してしまう虹彩色素沈着が起こる危険性があります。

瞳の色が以前と比べて濃くなった、左右で色が違うなどの変化が見られた場合は使用を中止し、医師の診断を受けてください。

車の運転は控える

目に入った場合、一時的に霧視(かすんで見えない、黒ずんで見える)が起こる事があるので、車の運転は控えて下さい。

ルミガンを使用できない人

アレルギーのある方

ルミガンに配合されている成分にアレルギーがある方は使用してはいけません。
目元にかゆみや腫れが生じる事があります。かゆみや腫れがいつまでも続く場合はアレルギー反応の可能性があるので使用を止めて医師の診断を受けてください。

かゆみが出るとつい目をこすってしまうと思いますが、角膜を傷つける可能性があるため我慢しましょう。

かゆみが出た際はルミガンの薬剤をキレイに拭き取るか、かゆむ部分を冷やせば軽減されるため応急処置として、目元を保冷剤などで冷やすと良いでしょう。

妊娠中、授乳中は使用を控える

赤ちゃんに悪影響を及ぼす危険性があります。

併用禁忌・注意薬

他の薬剤には一緒に使ってしまうと重篤な症状を招きかねない併用禁忌薬というものがありますが、ルミガンには、併用禁忌薬がなく、他のお薬を飲んでいる方、使っている方でも安心して使用する事ができます。

併用禁忌はありませんが、使用に注意が必要な併用注意薬は報告されているので以下を使っている方は注意が必要です。

プロスタグランジン系点眼剤/ラタノプロスト含有点眼剤

眼圧上昇がみられたとの報告があります。
また、ルミガンはもともとは目薬なのですが、何か目薬をさす場合はルミガンを塗布してから5分以上はあけるようにしてください。

ルミガン専用アプリケーターは使うべき?

ルミガンには専用のアプリケーター(ブラシ)があります。
通販サイトではルミガンだけでなく専用アプリケーター単品、あるいはルミガンとアプリケーターのセットで購入することも可能です。

ですが、ルミガン専用のアプリケーターであるため、塗る際に使う方も多いですが、必ずしも使う必要はありません。

○専用アプリケーター単品

ルミガン専用アプリケーター

内容量 販売価格
30本 450円
90本 1,280円
150本 2,000円

お薬なびで専用アプリケーターを購入する

○ルミガン3ml+アプリケーター60本セット

ルミガン+アプリケーター

内容量 販売価格
1セット 2,200円
3セット 6,270円
5セット 9,900円

お薬なびでルミガン+アプリケーター60本セットを購入する

 

1セットを買うならルミガン+アプリケーター60本セットがお得♪

ルミガン専用アプリケーターには、次のようなメリットがあります。

・1本1本個包装だから衛生面が安心
・ルミガンを購入するとき、まとめ買いができる

ルミガン専用アプリケーターは1本ずつ個包装されているため、とても衛生的です。
人間にとって目は重要な器官、毎回きれいな状態でルミガンを使用できるので感染症などのトラブルが起こる心配もありません。

ルミガンを買うとき、一緒に購入できる点も便利です。

しかしルミガン専用アプリケーターはブラシ部分の面積が広く、さらに先端は約1㎝ほどの長さがあるため「使いにくい」という声も多くあります。

本当に塗りたいまつ毛の根元以外の部分にもはみ出してしまうため、どうしても塗りにくさを感じるようです。

実はアプリケーターは、私たちの身近にあるものでも、十分に代用することができます。

100均で買える!身近なアプリケーターの代用品

「ルミガン専用アプリケーターが使いにくい」「少しでもお金を節約したい」などの理由で代用品を探している女性に向けて、100均で購入できるアプリケーターの代わりになるものをご紹介していきます。

種類 費用 塗りやすさ 衛生面
専用アプリケーター 2,000円/150本
綿棒 100円/200本
歯間ブラシ 100円/15本
ネイル用ブラシ 100円/1本
爪楊枝 100円/400本 ×

綿棒

ルミガン専用アプリケーターの代用品として、最も人気なのが「綿棒」です。
100円ショップに行くと幅広いレパートリーの綿棒が売られていますが、ルミガンを塗る時に選ぶのは赤ちゃん用の「ベビー綿棒」をおすすめします。

ベビー綿棒は先端が細くなっており、ルミガンを塗る時もまつ毛の根元に塗りやすいためアプリケーターの代用品としてうってつけです。
しかも赤ちゃん向けの製品であるため品質には特に安心感があり、さらに使い捨てなので衛生面の心配もありません。

ただし通常サイズの綿棒を選んでしまうと先端が大きく、まつ毛の根元以外の部分にもルミガンが付いてしまう恐れがあります。
綿棒を購入する時は、必ず先端が細くなっている商品を選ぶようにしてくださいね。

歯間ブラシ

歯間ブラシは、近頃では100均でも購入できるアイテム。
マスカラブラシと同じく先端がブラシ状になっているため、マスカラを塗るのと同じ要領でルミガンを塗布できます。

また歯間ブラシにはゴム素材・針金素材と2種類がありますが、ルミガンを塗るとき選ぶならゴム素材の方が痛みもなく、安全です。
針金素材でできた歯間ブラシは塗りやすさに優れるものの、万が一目に入った時に危険なのでおすすめできません。

ネイルアート用の筆

ネイル用ブラシはブラシ部分が細く、細かいところも塗りやすいです。
他のアイテムを使っても塗りにくかった方は、ネイル用ブラシを使ってルミガンをまつ毛に塗ってみるといいかもしれません。

ですがネイル用ブラシは使い捨てではないので、衛生面に関しては不安が残ります。
アプリケーターの代用品として使う場合は毎回洗うようにして、清潔な状態に保つようにしましょう。

爪楊枝

爪楊枝は1箱400本入りと、今回紹介した代用品の中でも最もコスパに優れます。

しかし先端がとがっているためアプリケーターの代用品として使うのは危険です。
万が一目に刺さるとケガや、最悪失明につながる恐れもあるので他の代用品を選びましょう。

まとめ

1日に1回だけの塗布でふさふさの長いまつ毛が手に入ると人気のルミガンですが、ただ単に塗ればいいと言うものではありません。
正しい使い方をしないと色素沈着や目の周りに産毛が生える、まぶたがくぼむ、虹彩色素沈着など、副作用を招いてしまう可能性があります。

そこでルミガンを使用する際のポイントをおさらいしましょう♪

・コンタクトを外し、メイクを落とし、清潔な状態にしてから塗布する
・アプリケーターを水平に待って、先端に薬液を1滴
・まつ毛の根本に塗る
・余分な液は拭き取る

眼病予防や衛生面の観点からアプリケーターや綿棒は必ず使い捨てにするようにしましょう。

正しい使い方をすることで、効果を実感しやすく、また副作用や眼病予防にも繋がります

正しく使ってふさふさまつ毛を目指しましょう♪

ルミガン

お薬なびはルミガン最安値/1,900円

タイトルとURLをコピーしました