ルミガンの副作用・色素沈着を抑えるための大切なポイント

目のクマ 全て

まつ毛が伸びる医薬品として有名なルミガンは、嬉しい効果の反面、使用方法を間違えてしまうと副作用が出る場合があります。

人によって目の周辺の色素沈着、かゆみ、充血、違和感、ドライアイといった症状が出る可能性があります。

このページでは、ルミガンの副作用や、副作用の対策方法をあわせて紹介します!

>>ルミガン最安値購入方法はこちら

ルミガンの主な副作用

ルミガンの主な副作用は、色素沈着、必要のないところに産毛が生える、目が充血する、目が痒くなる、ドライアイになるなどです。

それぞれの副作用の症状と原因を説明していきます。

色素沈着

主な副作用として現れやすい症状は「色素沈着」です。

これは、ルミガンの成分であるビマトプロストに原因があります。

このビマトプロストの副作用で、まつ毛の生え際以外のまぶたや目の際などの皮膚に触れてしまうと色素沈着を起こしてしまいます。

なぜ色素沈着を起こしてしまうのかというと、ビマトプロストにはメラニンの生成を活発にしてしまう働きがあるためです。

メラニンが必要以上に活性化されてしまうと、肌の内部に留まり色素沈着を起こしてしまいます。

目頭や目じりに産毛が生える

これも色素沈着と同じくまつ毛の生え際以外、目の周りの皮膚に付着してしまうと起こる副作用です。

まつ毛を伸ばす効果が高いため、誤って皮膚についてしまった場合も活性化されてしまい、そこから産毛が生えてくることもあります。

目の充血やかゆみ

目に入ってしまった場合、かゆみや充血を起こすことがあります。

ルミガンは「プロスタグランディン系」の目薬の1種で、血管を太くし血流を良くする作用があります。

そのため、ルミガンを使用すると、白目の部分の血管が太くなり充血することがあります。

血管拡張作用により目に充血が生じますが、充血があっても視力には影響しません。

ですが、稀に角膜障害を起こすことがあるため、使用を中止しても目の違和感や痛み、痒みが持続する場合には、すぐに医師の診察を受けて下さい。

ドライアイ、ごろごろ感

もともと緑内障の治療の治療薬ですので、健康な人の目に入ってしまった場合、ドライアイや目がごろごろする、違和感があるなどの症状が出る場合があります。

使用を中止しても目の違和感やゴロゴロした感じが続く場合には、すぐに医師の診察を受けて下さい。

ルミガンの稀な副作用

目のくぼみ

ルミガンはもともと緑内障のためのお薬で、緑内障は、眼圧が上昇してしまうことで発症する眼病です。

眼圧が高くなりすぎてしまうと視力障害を起こしてしまうため、この高くなりすぎた眼圧を下げる作用がビマトプロストにはあります。

しかし、これが健康な方の目に入ってしまうと、眼圧が下がりすぎてしまう危険性があります。

眼圧が下がりすぎてしまうと眼球が軟らかくなり、まぶたを支えが弱まってしまい、目がくぼんでしまうと考えれています。

虹彩色素沈着

長期間使用することにより、虹彩に色調の変化がみられることがあります。

虹彩とは、眼球の前面、瞳の周りにある円盤状の膜の事で、これが伸縮することにより瞳の大きさを変えて網膜に達する光の量を調節する働きがあります。

症状としては、黒目のメラニン色素が増えて、黒目がより黒く見えるといったものです。

目の色素がもともと薄い方はかなり気になるようですが、私たち日本人の多くは、黒目は茶褐色~黒に近い色なので肉眼では全くわからないことも多いため、気にならないという方も多くいます。

しかし、使用を中止しても元に戻らないこともあり、片目のみに現れた場合は左右の目で虹彩の色に差を感じることもあるようです。

このような症状が現れた場合は使用を中止し、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。

 

参考サイト:お薬110番-ビマトプロスト

ルミガンの副作用対策

ルミガンは使用方法を誤ると、副作用が生じることがあります。
ルミガンの使い方

そのため、使用方法には注意が必要ですが、使用の際にポイントを抑えておけば、副作用の発症リスクを抑えることも可能です。

 

・まつ毛の生え際にのみ塗る
・下まつ毛には塗らない
・片目に1滴ずつ
・紫外線対策を忘れずに
・目の周りを保湿する
・目を強くこすらない
・塗ったあと15分以上空けてコンタクトを装着する
・長時間使用しない
・アレルギーテストをする

ルミガンは使用方法を守れば副作用の発症リスクを抑えることが可能です。

しかし、目の周りの皮膚は、他の皮膚よりも薄くデリケートですので、ルミガンを使用する前にしっかりワセリンなどで保湿しておくと色素沈着を防ぐことも可能性です。

>>ルミガンの正しい使用方法はこちら

もし副作用が出てしまったら?

気をつけていても、寝ている時に目をこすってしまったり、ルミガンの薬剤が目の中に入ってしまうこともあります。

そういった場合はすぐに対策をすることで悪化を防ぐことができます。

・かゆみや充血を感じたら使用を中止する
・色素沈着が出たら使用を中止する
・薬剤がまつ毛の根本以外に付いたら、水や化粧水を付けた綿棒で優しく拭き取る

まとめ

ルミガンは、もともとはまつ毛用の育毛剤ではなく、緑内障の治療薬ですので誤って目に入ってしまった場合や、まつ毛以外(まぶたや目の周り)についてしまった場合、副作用が起こることもあります。

まぶたなどに付いてしまった場合はすぐにふき取るか、洗い流すことで色素沈着やその他の副作用を軽減することが可能です。

ルミガンを長期間使用する場合や、気になる副作用を発見した場合は、使用をすぐに辞め、医師の診察を受けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました